<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=198256647308334&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

セミナー・イベント

受付終了

2021年2月18日(木) 15:00~16:30

【受付終了】技能実習送出し国・送出機関を選ぶ8つのポイント〜4か国送出機関徹底討論〜

GHR_webinar_送出機関
該当する方は必見!!
・新しい送出機関を探している監理団体・登録支援機関の方
・送出し国の選択肢を広げたい受入れ企業の方
・自社の外国人材の出身国について学びたい方
セミナー概要

最近、ベトナム人技能実習生関連の事件をよく聞くけど、このままベトナム人実習生を受け入れていて大丈夫?

ニュースでベトナム人実習生の事件が盛んに取り上げられ、ベトナム人材への視線が厳しくなる一方、ベトナムの経済発展などを背景にベトナムでの実習生募集が難しくなってきています。それに伴い、ミャンマーやインドネシアなど他国へのシフトチェンジが加速してきています。

では、実際のところ、ベトナムからの技能実習生送り出しは本当に頭打ちなのか?ベトナム以外であればどの国が良いのか?そもそも送出し機関の良し悪しはどこで判断すれば良いのか?様々な疑問があると思いますが、外国人材雇用企業はもとより監理団体や登録支援機関のみなさまにもリアルな情報が届いているとは言い難いのが現状です。

そこで今回は、ベトナム、インドネシア、ネパール、インド4か国の送出機関の方にご登壇いただき、各国の送出し事情を解説いただきます。また、送出機関4社による、失踪を防ぐ人材募集や教育方法についてのディスカッションを通し、送出し国・送出機関を選ぶ際の8つのポイントをお伝えします。

新型コロナウィルス状況や特定技能制度進捗についての最新情報もキャッチアップできる機会ですので、今後の送出し国・送出機関に悩んでいる方は是非ご参加ください。

開催概要
日時
2021年2月18日(木) 15:00~16:30
主催

Global HR Magazine(リフト株式会社)

参加費
無料
視聴方法

お申込み完了後、別途「視聴用URL」をメールでお送りいたします。
※本ウェビナーは、Zoomを利用して実施いたします。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。

お問い合わせ
本ウェビナーに関するお問合せは、メールにてお受けしております。
【リフト株式会社】info@lift-group.co.jpまでご連絡下さい。
注意事項

・開催時間、プログラムは変更となる場合がございます。
・当日までに視聴用URLが届かない場合info@lift-group.co.jpまでご連絡ください。
・ご参加前にインターネット回線が適切につながっているかご確認ください。
・コロナウイルス感染拡大などの状況に応じて開催を中止する可能性がございます。

セミナーのプログラム
15:00 ~ 15:05
オープニング
15:05 ~ 15:45

第1部【各国送出し事情解説

(1)ベトナム

(2)インドネシア

(3)ネパール

(4)インド

 

15:45 ~ 16:25

第2部【トークセッション】

(1)人材募集のポイント

(2)人材教育のポイント

(3)今後について-コロナ 、特定技能の影響-

16:25 ~ 16:30

エンディング

登壇者
ヒエップさん取材記事-9
VINACOMベトナム国際投資株式会社
ベトナム・日本人材開発センター取締役/ジャン・ズイ・ヒエップ

2009年から日本の水産加工業者で3年間の技能実習を経験。その後2011年から2019年の1月までベトナムの送り出し機関で働く。その後独立し2019年2月より現職。技能実習生だった経験を生かし、技能実習生、企業双方が幸せになる事業の形を模索している。現在はベトナム現地大学と提携した、ITエンジニアの送り出し事業および、日本企業のベトナム進出コンサルティング事業も展開している。

S__18857996
LPK飛翔ユニバーサルスタイル 
代表/イ・ニョマン・ウィジャナ

1988年生まれ。2018年から3年間、日本の食品工場で技能実習に従事した後、留学生として再来日。卒業後、本田技研工業株式会社埼玉工場で勤務。その後、バリに戻り、送出機関飛翔ユニバーサルスタイルを設立。日本とバリを行き来しながら技能実習生のフォローに奮闘中。

sapkota hikari
オクソンインターナショナル株式会社
日本代表/サプコタ 光

ネパール政府認定送出機関オクソンインターナショナル株式会社の日本代表として、教育機材や情報機材の投入、現地スタッフの意識改革、ネパール人日本語教師の研修、事前教育プログラムの作成など、ネパール人実習生の教育と送り出しのため日々奔走中。
2020年10月時点で、24名の介護技能実習生と介護特定技能の送り出しが決定している。

H. Jay Araki Photo
センチュリオン大学日本語・日本文化教育センター
シニアアドバイザー/荒木 英仁

サンディエゴ州立大学卒業後、ADKホールディングスにて海外マーケットを担当。インドビジネス歴は17年を超え、今まで数多くの日系企業/インド企業に対し マーケティング/コンプライアンスに関してのコンサルティング/アドバイザリーを実施してきたインドビジ ネスに精通するベテラン。官民にわたる豊富な人脈も活かし、クライアントに とって有意義で的確なアドバイスを提供し続けている。

お申し込み
受付は終了いたしました。
お問合せ・資料請求

外国人雇用・人材紹介について
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

組織体制・在留資格手続き・採用・教育・労務関連業務
最新資料コーナー

資料一覧へ