Global HR Magazineとは?

目次

 Global HR Magazineについて

Global HR Magazineは、リフト株式会社が運営するオウンドメディアです。人口動態の縮小によって人材確保が困難になり、グローバル化の波が押し寄せる今日、企業様が成長を持続していくために、外国籍人材の雇用は選択肢の一つではなく、必須の経営課題となっています。

 Global HR Magazineは、外国籍人材の雇用に取り組む、あるいは現在検討している全ての企業様に役立つ情報を提供します。テーマは「組織体制、在留資格手続き、採用、教育、定着、それ以外の人事労務関連業務」など。  

外国籍人材に選ばれる魅力的な日本企業を増やし、労働年齢人口の縮小から生じる様々な社会問題の解決に貢献することをミッションとしています。

リフト株式会社について

IMG_9288

リフト株式会社は、社会を構成する『ヒト・モノ・カネ・情報』が遍在することで生じる歪み(社会問題)をビジネスを通して適正化することを目指しています。

現在は、主にご希望の国(アジア全域)で1社単独の海外面接会を実施し、企業様それぞれの課題に合わせたオーダーメイド型人材採用コンサルティングと日本に在住している外国人留学生及び外国人就労者に特化した人材紹介サービスを提供しています。

代表者:杉村 哲人

本社所在地:東京都千代田区神田須田町2-25 GYB 秋葉原11F 

Global HR Magazine編集部について

運営体制

吉原 啓太(よしはら けいた)

1989年生まれ。2011年に大学卒業後、新卒で倉庫会社に入社。その後、フォワーダー、船社に転職し、国際物流業界にて経験を積む。主に、輸出入業務、東南アジアなど新興国での物流業務に従事。「人材」という側面からより深く東南アジアと関わるべくリフト株式会社にジョイン。外国人人材、特に技能実習生・特定技能人材の活用提案、Onboarding業務にて経験とノウハウを築き、現在は、マーケティングを担当。

 

 

田仲 順貴(たなか かずき)

東京都の高校卒業後、ニュージーランドの大学へ進学。在学中はフットサルサークルに所属。観光学を専攻。卒業後、日本での外国籍人材の活用を通してダイバーシティ化を実現するというビジョンに共感し新卒でリフト株式会社に入社。現在はマーケティングを担当。