• リフト株式会社
    • マーケティング部
    • 関根謙志郎

    在留資格「特定技能」の「技能評価試験・日本語試験」とは?最新情報は?

    目次

    「特定技能が最近話題になっているけど、実際うちの業界の最新情報ってどうなってるの?」

    「試験に合格しなくちゃいけないって聞いたけどどんな試験なの?」

    今回は以上のような情報ニーズを解決するにはどうすればいいのかご紹介いたします。

    前提知識①:在留資格「特定技能」とは?

    在留資格「特定技能」とは日本の産業界における深刻な人手不足を解消するため、2019年の4月から新たに導入された在留資格のことです。

    ※在留資格とは、外国人が中長期に渡って滞在し、なにがしかのアクションを行うための資格のことです。

    前提知識②「特定技能1号」外国人の就労までの4ステップとは?

    「特定技能1号」外国人が企業で働き始めるまでのは、大きく4ステップあります。本記事の本題である特定技能に必要な二つの試験に合格すること4ステップのうちのはじめのステップに位置しています。4ステップとは下記の通りです。

    1. 技能評価試験・日本語能力に関する試験に合格する。(技能実習2号・3号を修了する。)

    2. 企業と雇用契約を結ぶ。

    3. 国内からならば在留資格変更申請、国外からならば在留資格認定証明書交付申請を行う。

    4. 申請許可が降りたら就業開始!

    以上の4ステップはかなり単純化して記述したため、実際には各ステップに置いて必要な作業があります。特に、在留資格申請のためには、該当の外国人のための支援計画を策定したり、就業開始時、後には、それぞれ、支援計画に則り支援の一切を実行したりする必要があります。

    そういった詳細に関しては、特定技能において抑えるべき要点をぎゅっと凝縮した、就労までの流れや支援内容の詳細などの図解資料を作成いたしましたので、よろしければ下のバナーからフォームに必要事項を入力してご覧くださいませ。

    ↓このバナーをクリックすると必要事項の入力フォームに遷移します。

    特定技能の要点

    本題:「特定技能1号」の取得に必要な試験とは?

    「特定技能1号」の取得には下記2点の能力があることを証明する試験に合格することが必要になります。

    ①生活や業務に必要な日本語能力

    ②各分野において一定の専門性・技能を用い即戦力として働くために必要な知識や経験

    このうち、日本語に関する試験は下記の2つのうちのいづれかを受験する必要があります。

    日本語能力試験(N4以上)」あるいは「国際交流基金日本語基礎テスト

    また、技能に関する試験はそれぞれの業界毎に定められた

    技能測定試験

    を受験する必要があります。

    以下詳細を説明します。

    日本語能力試験の詳細

    先述の通り日本語能力を試す試験には「日本語能力試験(N4以上)」あるいは「国際交流基金日本語基礎テスト(A2レベル以上)の2種類があります。ここではそれぞれの試験日程や会場をご紹介します。

    日本語能力試験(N4以上)

    ■実施日:毎年7月と12月の第一日曜日に行われます。 

    ※申し込み期間が約1ヶ月間と非常に限定されています。それぞれ4ヶ月前に一度Webサイトをチェックして申し込み日時を確認しておく必要があります。自社の外国人に受験させたい場合には特に、早めのアラートをかけてあげるようにすると良いでしょう。

    ■試験実施場所:日本の47都道府県で開催されています。世界では実施回によって異なりますが、令和元年12月1日の試験では、世界76の国と地域、232都市において試験が行わる予定です。

    ■試験方法:マークシート方式です。

    (弊社のN1外国人は「マークシートなんで簡単ですよ。受からない人は運が悪いです。」と言ってました(笑))

    ■受験申し込み:日本語能力試験受付センターのサイトから行います。

    国際交流基金日本語基礎テスト

    ■実施日:こちらのページで各国毎のスケジュールが公開されています。特定技能外国人を認定するためのテストとも言え、令和元年9月より、日本語能力テストよりも高い頻度でテストが行われています。

    ■試験実施場所:実施場所はベトナム・モンゴル・インドネシア・カンボジア・フィリピン・ネパールです。

    ■試験方法:CBT(パソコンでテストする。)

    ■受験申し込み:こちらのページから行います。

    業種別の技能測定試験詳細

    各分野の技能評価試験

    受け入れ分野で即戦力として活動するために必要な知識または経験を調査するための試験です。それぞれの最新情報及び詳細については下記のリンクから、試験を監督する団体のページで確認できるようになっています。

    ーー各分野の技能評価試験ーー

    介護ビルクリーニング 、素形材産業、産業機械製造業、建設、造船・舶用工業自動車整備航空宿泊農業漁業飲食料品製造業外食業

    受験資格が無い者

    下記の4条件のいづれかに合致する方は国内試験を受験することができません。

    (1)退学・除籍処分となった留学生

    (2)失踪した技能実習生

    (3)在留資格「特定活動(難民認定申請)」により在留する者

    (4)在留資格「技能実習」による実習中の者

    出典:「特定技能」に係る試験の方針について

    まとめ:特定技能の今後の展望

    今回は「特定技能」の取得に必要な技能試験と日本語試験について簡単にまとめました。しかし、紹介をしておいてなんではありますが、当面の間は技能実習2号・3号から無試験で資格変更される方がメインになるかと存じます。当然ですが企業側としても、関連業務に関して「勉強」してきた人材よりも、実際に「経験」してきた人材が必要だからです。技能実習終了後一度母国に帰国していた人材の中にも、また日本に戻ってきたいという人材は大勢いますし、今後も増えて行くことが予想されますので、「実習生上がり」の特定技能1号取得者がメインストリームになるのは間違いありません。

    Global HR Magazine編集部からのお知らせ

    記事の途中でも簡単にご紹介しましたが、2019年4月1日より施行された特定技能の特徴、これまでの在留資格との違い、受け入れの流れ、受け入れに必要な支援内容と注意点について、「特定技能」の外国人を雇う際に絶対に知っておくべき内容をサッと理解できる図解資料をご用意いたしました!今後人手不足がさらに深刻化して行く中で、本資料の内容は必読かと存じます。よろしければ貴社の採用課題解決にお役立てくださいませ。

    ※資料は下記のバナーよりダウンロード可能です。

    特定技能の要点

     
    関根謙志郎
    取材班

    福島県内の高校卒業後、東北大学に入学。在学中は硬式野球部に所属。英語学、心理学、英語教育学を専攻。卒業後は社会を構成する『ヒト・モノ・カネ・情報』が遍在することで生じる歪み(社会問題)をビジネスを通して適正化するというミッションに共感しリフト株式会社に入社。現在はマーケティングを担当。